【就活】ユニクロ(ファーストリテイリング)のESを通るために必要なTOEICの最低点数を解説!

今日は【就活】ユニクロ(ファーストリテイリング)のESを通るために必要なTOEICの最低点数を解説!というテーマでお届けしていきます。

日本で最大のファッションブランドと言えばUNIQLOで、日本を代表するグローバル企業:株式会社ファーストリテイリングです。

そんな株式会社ファーストリテイリングの就活・ESを出すときに必要なTOEICについてご紹介いたします。

ファーストリテイリングの事業内容

UNIQLOはブランド名で実際の企業名としては、株式会社ファーストリテイリングが正式名称になっています。

次にファストリテイリングの事業内容について下記でみていきましょう。

①物流
②商品開発・企画
③ビジュアル・マーチャンダイジング(VMD)
④IT事業部
⑤EC事業部
⑥マーケティング・コミュニケーション部

ファーストリテイリングはグローバル企業なこともあり、数多くの事業部があるのですがその中でも中心的な事業部が上記になります。

どれも世界規模での事業を行うことが予想され、グローバルな組織体制であることからコミュニケーションでは英語が必須になりそうです。

次の章で、「新卒採用」「中途採用」のそれぞれで必要なTOEICスコアについて解説していきます。

関連記事:【2023年最新版】Amazon(アマゾンジャパン)の就活で必要なTOEICスコアは!?

英検対策レッスンの詳細↗

英検対策レッスン・コーチング

TOEIC対策の詳細↗

TOEIC対策レッスン・コーチング

カフェ英会話の詳細↗

町田・渋谷・目黒で開催中☕️

新卒入社で必要なTOEICスコア

新卒でファーストリテイリングを受けるときに必要なTOEICスコアについて、実際の募集採用を見ながら解説していきます。

早速結論からですが、採用サイトには英語力(≒TOEICスコア)は必要ですか?というFAQがありました。

ファストリテイリングのFAQ

したがって、新卒でファストリテイリングを受けるときには、特定のTOEICスコアは必要ないことが分かりました。

TOEICスコアについては、ESを提出際には気にすることはありません。ただし、周りがTOEICを高得点を取得していた場合、見劣りすることもあるでしょう。

参考ファストリテイリング新卒入社FAQ

中途採用で必要なTOEICスコア

今回は、実際に募集が出ていた【Webディレクター(ECサイト担当)/Web Director】について解説していきます。

ファストリテイリングの募集要項には英語で職務内容が記載されています。この時点で既に英語を重要視していることが伝わってきました。

そして実際の応募資格についてはこちらになります。

■歓迎する経験・スキル・能力

・Sketch、InVision、Adobe CC、Prott等の各種クリエイティブ制作ツール利用経験
・EC、デジタルマーケティング、SEOに関する経験・知見
・顧客調査・グループインタビュー・ユーザーテストに関する経験・知見
・アパレル、ファッションに関する知見があれば望ましい
・英語力(TOEIC700点以上目安)
※TOEICスコア、ビジネスでの利用経験、留学経験などご記載ください

引用:ファストリテイリング中途採用 募集要項

結論、必須ではありませんがTOEIC700点が中途採用では必要なスコアとなりそうですね。

TOEIC700点は、TOEICでスコアを取るための対策をしなければやや難しいスコアになります。リスニング・リーディング共に平均的に350点以上が必要なため、それぞれの領域での対策が必要になります。

関連記事:【2023年最新版】SONYの就活で必要なTOEICスコアは!?

まとめ

ユニクロ(ファーストリテイリング)のESを通るために必要なTOEICの最低点数を解説!ということで具体的なTOEICスコアについて解説してきました。

具体的に、どのように点数をあげていけばいいか分からない・・という方はTOEIC無料相談にてお気軽にご相談ください。平日・土日にオンラインで無料相談会を開催中です。