【2023年最新版】Amazon(アマゾンジャパン)の就活で必要なTOEICスコアは!?

今日は【2023年最新版】Amazon(アマゾンジャパン)の就活で必要なTOEICスコアは!?というテーマでお届けしていきます。

新卒就活、またキャリアUPの転職市場で人気のAmazonのES通過に必要なTOEICスコアについて詳しくみていきましょう。

新卒採用・中途採用で分けて必要なTOEICスコアを解説していくので、必要な箇所をご覧くださいね。

Amazonの事業内容

Amazonを見ない日は1日もない、といっても過言ではないぐらい、「Amazon」というサービスは我々の生活に浸透しています。

ーーーAmazonの事業内容一覧ーーー
①リテール(消費財・メディア・ファッションなどのAmazon Eコマース)
②デジタルビジネス(Primeビデオなどのサービス)
③インフラ(AWS クラウド・プラットフォーム)
④ロジスティクス
⑤ペイメント(Amazon Pay)

大きく分けると、上記のセグメントに分けることができます。非常に多岐にわたるセグメントで、新卒から自分の希望する部署に行けるかどうかは難しそうですね。

また、日本から新卒で多くの学生が入社しているわけではないので、狭い枠で競争が厳しいことが予想されます。

英検対策レッスンの詳細↗

英検対策レッスン・コーチング

TOEIC対策の詳細↗

TOEIC対策レッスン・コーチング

カフェ英会話の詳細↗

町田・渋谷・目黒で開催中☕️

Amazonで求められる英語力とは

GAFAと呼ばれる世界BIG4の企業の一角を担うAmazon。グローバル企業であることは明らかで、Amazon japanでも多くの外国人の社員とコミュニケーションをとることが推測できます。

新卒入社・中途入社、それぞれの募集要項について見ていきます。

新卒入社の場合

結論、Amazonの新卒入社では特定のTOEICスコアは設けられておりません。こちらが実際のAmazonの新卒採用サイトの質問の箇所にありました。

英語は必須ですか?

■ポジションによって応募条件が異なりますので、興味のあるポジションの募集要項(Job Description)をご確認ください。
■ポジションによっては、英語での選考も含まれます。
■英語での選考になる際は事前にお伝えいたします。

Amazon FAQ

グローバル企業Amazonということもあって、あえてTOEICスコアを記載していない(英語ができるのは当たり前)ということかもしれません。

日系企業の方が、TOEICスコアの提出であったり、最低スコアを設けている傾向が高いので、今回のAmazonに関しても同様のパターンのように考えられます。

記載はしていませんが、「英語での選考がある」と記載があることが英語の環境であることが暗示されているような気がしています。

英語でコミュニケーションが取れるのが前提条件となっている可能性が高いので、

中途採用の場合

ここでは実際に募集されていた「マーケティングマネージャー」についてみていきます。そして、結論、中途採用では目安のTOEICスコアの記載がありましたので、解説していきます。

早速結論ですが、こちらになります。

Amazon募集要項のスキル・知識・資格

◆マーケティングの戦略策定・実行の経験
◆チームリーダーやプロジェクトリーダーの経験
◆高度な分析力
◆ビジネスレベルの英語力(TOEIC700点以上のレベル目安)
※MBA取得者歓迎
※インターネット業界の経験あれば尚可

Amazon 中途採用 マーケティングマネージャー募集要項

AmazonのサイトでしっかりとTOEIC700点以上の目安と記載があるので、実際の入社面接では英語力があるのかどうかをしっかりと見られるはずです。

また、グローバル企業のAmazonは英語が読めるのは当然で、英語のスピーキング力も必要になってくるでしょう。

Amazonの中途採用を受ける時には、それぞれの職種によって、求められているTOEICスコアがことなるので、事前にチェックしてから応募してみてください。