【2021年最新版】TOEICの点数と年収の相関関係はあります!


町田・相模原(or オンライン)を中心に
TOEICパーソナルレッスンを行なっております。

詳細はこちらから


本日は、TOEICの点数(または英語力)と年収の相関関係についてシェアしていこうと思います。

データとしては2013年と少し古いものですが、DODAの調査結果から興味深いことが分かっています。

それでは早速見ていきましょう。

TOEICスコアが高いほど年収は高い?

DODA 2013年調査結果データより引用

調査対象は2012年10月~2013年9月末までの間にdodaエージェントサービスに登録した、ホワイトカラー系職種で正社員として働く方で、約10万人のデータです。

データとしての母数は十分と言えるでしょう。

このような調査では調査対象者数(サンプル数 : n)と呼ぶそうですが、

このサンプル数が十分でなければ調査として誤差が大きいと考えらえることもあります。

ただ、今回は10万人を対象にした調査なので、十分なデータを集めることができたと考えられます。

このデータより考察できることは大きく、2点あります。

TOEIC700点以上は年収に大きく関係する

TOEICの点数が400点~600点では平均年収にほとんど差が見られないのに対して、

700点以上のスコア層になると、TOEICのスコアと年収の相関が明らかになっています。

700点以上はビジネス上でも英語を用いて仕事ができるという1つの認識があるでしょう。

こちらの関連記事でも、楽天ANAなどのグローバル企業でもTOEICの点数は重視している傾向にあります。

関連記事はこちら


TOEICスコアを持つ人と未受験者に100万円の年収の差がある

もう1つの点は、

TOEICスコアを持つ人は未受験者と比べて、年収の差があることがわかっています。

TOEICを受験を考えている人たちは年収が高くなる傾向があることがわかっています。

英語を使う機会が増えてきた今、TOEICを受けてみるのもいかがでしょうか。

TOEICの勉強を始めてみたい方はお気軽に無料相談にお越しください♪

それではまた。