【2023年最新版】TOEICL&R国別平均スコアランキング!日本は何位?

日本のTOEIC受験者の平均点が他の国の受験者と比べて「高いのか・低いのか」気になりませんか?

この記事は、【2023年最新版】TOEICL&R国別平均スコアランキング!日本は何位?というテーマの内容で解説していきます。

具体的には、世界各国と日本のTOEICの平均スコアを見ていきます。
(先にネタバラシなのですが・・・世界に比べて大きくを遅れをとっています…)

日本のTOEIC L&R TEST平均スコア

国別スコアの比較の前にまずは日本の平均スコア(2020年TOEIC L&R)はこちらになります。

TOEIC Listening & Reading Test
日本の平均スコア 531点

2020年データ

TOEIC Listening & Reading Testはリスニング490点・リーディング490点の合計990点満点の英語試験です。

就職活動・転職活動、昇進・昇給の指標によく用いられることが多く、英語学習の進捗確認としてTOEIC受験をされる方も結構いらっしゃるようです。

TOEIC L&R TEST国別平均スコア

そして、こちらが国別のTOEIC L&R トータル平均スコア世界ランキングです。

日本のランキングの低さにガッカリした方も少なくはないですよね。(私も記事を書いていて、少し落ち込みました..)

ランキング国名TOEIC L&R トータル平均スコア
1ドイツ826
2フィリピン773
3チュニジア750
4コスタリカ749
5チリ745
6モロッコ744
7フランス740
8スペイン738
9ニカラグア723
10ペルー719
11アルジェリア664
12韓国683
13インド674
14コロンビア662
15ブラジル660
16カメルーン638
17マレーシア634
18ギリシャ628
19メキシコ628
20コートジボワール621
21エルサルバドル616
22ポーランド606
23香港589
24台湾564
25セネガル563
26中華人民共和国533
27日本531
28アルバニア523
29モンゴル517
30ベトナム491
31タイ485
32インドネシア391
TOEIC L&R国別スコア一覧

なんと32カ国中27位です。

予想はできましたが、日本は諸外国と比べ、平均点が圧倒的に低いのです。 この掲載されているランキングの下から数えた方が早いという現実が悔しいところです。

お隣の韓国に100点以上、差をつけられております。

平均スコアが最も高かったのは「ドイツ」で826点、2位に「フィリピン」の773点が続きます。日本は27位の531点となっています。

どうして、ここまで世界との差が生まれてしまっているのでしょうか。これはすぐに答えが出る問いではなさそうなことだけは分かります。

詳しくは(https://www.iibc-global.org/iibc/press/2021/p174.html)をご覧ください。

さらにいくつか注目するべきデータがありますので、詳しくみていきましょう。

英検

TOEIC

英会話

TOEIC受験者の年齢層で最も多いのは21~25歳

実はTOEIC受験者の年齢層で最も多いのは21~25歳(43%)であることがこのデータから明らかになっています。

ここから推測できるのは「大学生のうちにTOEICスコアを取りたい」「就職活動に向けていいスコアを取りたい」という2つが大きく考えられますが、ほぼ同じ理由であると考えらえれます。

大学生のうちにTOEICスコアを取っておくことで就活活動の1つの武器になるのでこれは、私たちもおすすめしています。

どれぐらいのTOEICスコアを取ればエントリーシートに書けるのか」とよく質問をいただくことがあるのですが、

1つの目安で700点あればエントリーシートに書けるのではないかと思っています。具体的に企業別で新卒・中途入社で必要なTOEICスコアは下記のページから確認してみくださいね。

若手ハイクラス向け転職サイト
『ASSIGN』

不採用通知がスカウトに変わる
ABABA

「科学/技術職」が1番の受験ボリューム層

そして、次に気になるデータとしては、「科学/技術職」が職種の受験者がボリューム層であるということです。

「取引で英語のメールを送る」「業務上の英語でのコミュニケーションを行う」などが一般的にな事務職が受験者のボリューム層かと考えられますが、

結果的にはそのような文系の職種ではなく理系の「科学/技術職」が職種の受験者がボリューム層であることが明らかになっています。

「科学/技術職」の職種の場合、研究などが海外部署や海外企業と共同で行うケースも多いため、英語力が必要になりTOEICを受ける人が多いのでしょう。

✔️参考記事:【2023年最新版】理系大学生のTOEIC平均点を公式データで徹底解説

まとめ

TOEICはこれからもある程度、英語力を測る指標の一つであり続けます。TOEICのスコアと英語力は直結しないとよく言われることもありますが、変わらずTOEICは英語力を示す1つの指標になり続けるでしょう。

特に日本の企業ではTOEICの点数を参考にするので一緒に勉強していきましょう☕️

無料相談も引き続き、お待ちしておりますね。

町田・相模原・渋谷・青山・表参道・目黒だけでなく、オンラインでもTOEICコーチングを受講してくださっている生徒様がいますので、日本全国どこからでもご相談ください。

カフェ英会話に参加してみませんか【渋谷・目黒・日暮里・町田】

カフェ英会話のOPEN CHATを始めました。カフェ英会話を参加予定の方と、事前にコミュニケーションが取れるので、1人でも初めての参加でも安心して参加できます。
(参加される方は、1人で参加される方がほとんどです!)

カフェ英会話の開催予定大型の国際交流イベントもシェアしていきますので、最新版の予定を確認することもできます。

匿名でも参加できるので、ぜひ一緒に参加する英会話仲間を見つけてくださいね。

カフェ英会話の参加申し込み・スケジュールはこちら

町田・渋谷・目黒・日暮里で開催中

一緒にカフェ英会話に参加する仲間を見つけましょう

カフェ英会話の詳細はこちら