【7/29|毎日英字新聞】コロナ禍のGoogleの広告事業は順調!?

世界のGoogleは好調

本日は、世界のビジネスを席巻するあの

Google(親会社Alphabet)

についての記事をご紹介いたします。

記事テーマはこちら

オンライン広告の需要に伴うGoogleの売り上げ作対比62%増加

「コロナによる外出自粛」×「オンライン広告」

https://edition.cnn.com/2021/07/27/tech/google-earnings-pandemic/index.html

Googleは何をしている会社か知っていますか?

そうです実はGoogleは「広告会社・広告代理店」なのです。

検索エンジン・YouTubeなどで有名ですが、行っているビジネスの根幹は広告代理店業です。

多数のプラットフォームをもち、そこへユーザーを集め、広告出稿をしてくれる企業を集めるという至ってシンプルなビジネスモデルを展開しています。

今回出てきた単語・フレーズ


billion:名詞「10億」

①The company’s profits more than doubled to $18.5 billion.
(訳:同社の売り上げは2倍以上の185億ドル以上にのぼります。)

billion:名詞「10億」と訳します。

したがって、①の文章中では、185億と訳すことができます。

特にデータや数字が入っている決算書などを読むときによく出てきます。

その他の英語の単位も覚えてくるたびに再確認しましょう♪


bear fruit:熟語「実を結ぶ」

②Google’s ongoing efforts to diversity its business beyond online advertising also appear to be bearing fruit.
(訳:オンライン広告を超えてビジネスを多様化していくためのGoogleの継続的な取り組みも、実を結んでいるようです。)

bear fruit:熟語 「実を結ぶ」と訳します。

英語の文章や新聞の中でよく出るフレーズです。「実を結ぶ」「成果が出る」などと訳すことで理解しやすくなります。


それではまた明日♪